眼瞼下垂の手術を大阪でしたら快適になりました

眼瞼下垂の手術をすると二重のようになる?

手術はその日にはできないので、別の日程で予約を取ってまた改めて受診です。
目の手術って、どうやってやるのか痛みはどの程度なのかという不安は手術までの期間不安でしたが、麻酔をするので手術中は痛みはないし、痛み止めが処方されるので心配ありませんと伝えられていたので、それを信じて手術の日に向かいます。
私の目は一重なので眼瞼下垂の手術をすると、二重のようになるので見た目的な印象が少し変わるということでしたが、もともと一重にコンプレックスもあったので、年齢がいっていても綺麗に見せられるのであればちょっとしたメリットだなということでプラス思考です。
手術の時は、点眼麻酔をして局部麻酔をしました。
手術中は痛くないとはいえ、この局部麻酔は結構痛くて涙が出てきます。
痛みに強い人であれば大丈夫かもしれませんが、目に力が入ると内出血しやすくなるので出来るだけ力を入れないようにしてくださいねと言われて頑張りました。
瞼の表側に打つのは何となく想像できましたが、くるっと裏返して裏に打つというのがこわかったです。
手術台のライトがすごくまぶしくて、それが不快だったので少し暗くしてもらえませんかとわがままを言ってしまいました。

강남언니! 江南オンニで検索
NO.1❣美容整形のゴウンセサン#美人  #東京  #大阪  #明洞  #専門医 #目の手術  #目頭切開  #目尻切開  #埋没法  #タレ目  #切開法  #平行型二重  #二重  #一重  #局所麻酔  #目もと  #まぶた  #眼瞼下垂  #瞼  #たるみ  #涙袋  #二重修正術 pic.twitter.com/YiETx1poSi

— ゴウンセサン美容整形 (@beautyforeverjp) November 29, 2019

いろいろな方法で眼瞼下垂が行われている眼瞼下垂の手術をすると二重のようになる?もっと早く相談すればよかったと思いました